Webマーケティング(Web集客)

webマーケティング 分類

webマーケティング 分類

Webマーケティングと一言で言っても、いろいろな種類や手法があります。

有料・無料・そして流動的・蓄積型などwebマーケティング 分類についてまとめます。

Webマーケティングについての記事はコチラ

Webマーケティング
Webマーケティングとは
Webマーケティングとは Webマーケティングとは? オンライン上で、企業の目標(売り上げやコンバージョンレートなど)を達成するための、戦略と計画 を効果検証しながら、実行・改善していくことです 一言 ...

続きを見る

Webマーケティングを行う媒体の分類。

ホームページ運用

Webマーケティングを行う媒体の分類。自社のホームページを運用することもWebマーケティングの一分類です。自社ホームページで、オウンドメディア・ブランディングを意識したコーポレートサイト、はたまた、コンテンツマーケティングのための、衛星サイトなども、ここに含まれます。

各SNS運用

各SNS運用することもWebマーケティングの一分類です。Twitter・Facebook・Line・Instagram・Piterestなど、自己所有ではないプラットフォームを使用し、、オウンドメディア・ブランディングを意識したコーポレートサイト、などの運用もできます。各ソーシャルネットワークの、アクティブユーザー数と、使用している年代などは、毎月変動するモノなので、すでに運用して経験のある人と、一緒に運用するのがBetter

Webマーケティングを行う手段

有料広告

Webマーケティングの手法といえる、有料での広告。 こちらも、料金体系は様々で、広告運用の経験のあるWebコンサルタントと相談しながらやるのがBest。

 

広告の種類課金方法
Google検索連動型広告クリックごと、入札制
Googleディスプレイネットワーク広告インプレッション・クリックごと、入札制
Facebook広告インプレッションごと、入札制
バナー型広告ひと月ごとなど、期間単位

無料広告(SEO対策)

無料で打てる広告、それがSEO対策!基本的なSEOを知って、ホームページを適切に作成さえすれば、あとは、検索エンジンのロボットが読みに来てくれて、お客さんを運んできてくれます。

ちなみに、Facebookや他のSNSでは基本的に内部にユーザーを囲いたい性質から、SEO対策をやれない場合が多いです。(検索エンジンで上位になかなか来ない)

そしてSNSにはアカウントを持っている人しか見えない難点もあります。 

メールマガジン・ニュースレター

メールアドレスを収集して、そこへニュースレターを配信する手法も、Webマーケティングの分類の一つです。

メールアドレスを収集されたくない人も多いと思うので、最近はもう少し違う方法で、リピーターになってもらう仕組みもおすすめです。

Push通知

携帯のブラウザでアクセスした後、自動的にお知らせが来る、あの機能も、Webマーケティングの一種です。CMSのプラグインなどで、簡単に実装できます。

サイト改善

Analyticsを見ながら、サイトを改善していくことも、Webマーケティングの一つの分類といえます。

データ分析しながら、各項目を最適化していく。

  1. 離脱率
  2. ランディングページ LPO(最適化)
  3. 直帰率

 

Searchconsoleを見ながら以下のことを改善していくことも、Webマーケティングの分類といえる

  1. 有効キーワードの実測値
  2. 表示数のボリューム
  3. ランディングページとキーワードの有効性

 

-Webマーケティング(Web集客)

© 2021 Web集客の方法がわかる Wecona Powered by AFFINGER5