Webマーケティング 英語で Webマーケティング(Web集客)

Webマーケターにおススメの英語圏からの情報収集の仕方

『Webマーケティング』という言葉使い、 英語では Web Marketingよりも、Online marketingという言葉がよく使われます。

そして、オンライン・インターネットビジネスの世界・ITの業界、基本的に情報は英語で読んで、集めて、学ぶのがおススメ!

Webマーケティングするにあたって、世界の基準(英語圏でのニュース)を知ることは必要不可欠です。

ここで、じゃあ英語を学ぼう!と思ったあなた、時間がもったいないです。

世界のwebマーケターの 英語でのニュースを読んでいるうちに、Webマーケターに必要な専門用語も覚えられるので、英語だけを習うために、わざわざ学校に行ったり、留学したり時間を割くのはナンセンス。もったいない!

Webマーケ女子
語学だけのために留学ってなかなかリスキーですよね。たかが言語、そんなもので1年もムダにしていては、Webマーケティングの世界での世界でのキャリアに、1年遅れをとるということです。

インターネット上、Twitter上の有名マーケターの発言、Googleでの検索、YoutubeなどでもWebマーケティングの情報を収取できるものはたーくさんあります。

Webマーケティング 英語で学ぶ!おススメ 1

Googleアラート 英語で受信

まずは、お知らせを自動で受け取れる、Googleのアラートが超便利!

私はキーワード『SEO』『Web Marketing』などを受信しています。気になった記事・役立ちそうな記事は、日本語にもまとめて、ブログにUPしていったりするのもよいですよね!

Google アラート
お好きなキーワードで情報を受け取れる!

Google スカラー

続いてまたもや、Googleの超お得サービスGoogleスカラー。研究論文や、教授の文献などが無料で読めてしまいます。

まとめサイトや、Youtubeなどで、語っている人、で少しでも疑問に思ったら、原点に戻ってみてください、『専門家はYoutubeで配信している人ではなく、現役で大学で研究している人です』

Google 社員さんの文献

IEEE Exproler

有料・無料のもの両方ありますが、IT テクノロジー系の論文を見れます。

スタンダライズ系のものはタイトルだけを読んでも、世の中が、どの方向に向かっているのか?を先取りすることができます。

過去の選択で、Flashなのか? Javascript系のJqueryなのか?は、ここを読んでいれば分かったはずです。

もしかしたら、投資をやっている人なども、ここを読むと、お宝情報がザクザクかもしれません。

ヨーロッパでWebマーケティングしたいならドイツ語でドイツの文献を!

ちょっとマニアックな内容ですが、私の住んでいる国はドイツ・ドイツのオンラインマーケティング事情は、ドイツの文献を読むのが一番。

EU圏ではドイツ語が人口カバー率TOP。 ヨーロッパでサイトを運営する際に必須の法律情報、個人情報保護法、DSGVOはオンラインマーケティングをするうえで最低限必要な知識になります。

Webマーケティングに関連する 英語

Webマーケティング系でよく使う英語日本語訳
strategy攻略法
Demand需要
Competitors競合
Targetターゲット
survey data調査データ

-Webマーケティング 英語で, Webマーケティング(Web集客)

© 2021 Web集客の方法がわかる Wecona Powered by AFFINGER5