Webマーケティング 英語で

2021年のWeb広告はどこに打てばよいか?

広告の出向先、を探すとき、2021年のトレンドを踏まえて、広告先を探したいものですよね。

筆者も興味のある分野、英語でのWebマーケティングの情報からピックアップして、お伝えします。

参考サイト https://www.campaignlive.co.uk/article/6-ways-improve-digital-marketing-2021/1705794

検索ネイティブ広告に予算をシフトすべき理由

2020年はWebマーケティングの大きな節目となった年です。

世界のすべてがオンラインに移行したことで、古い広告モデルはフェードアウトしていきます。

広告部門のWebマーケターと、ビジネスの戦略部署は 統合されて、会社自体の組織を改めることとなりました。

サードパーティでのクッキーの仕様が終焉が間近に迫っていることを考えると、激動のWebマーケティングの世界は新しいスタートを切ったといっても過言ではないです。

From Unveil Programming
Co-CEO Welcome — Yaron Galai and David Kostman
2021 Product Preview — Ayal Steiner

"ユーザーが生成したコンテンツが非常に多いため、本物のニュースかフェイクニュースか単なる意見かを見分けるのは難しいかもしれません。"
"2020年半ばには、ディアジオ、コカコーラ、アディダスなどの世界的な巨人を含む数十社が、ソーシャルプラットフォーム上での自由度の低い誤報やヘイトスピーチへの懸念からFacebookを去った"

を要約すると信頼できるメディアに一番近いネイティブ広告が一番効果的で、SNSなど個々のユーザーが作る情報の塊よりも、よりプロフェッショナルな信頼できる情報を、必要なユーザーに結び付けることが大事になってくるということです。

SNSや検索を超えて、ネイティブへ

ビデオの中で、FacebookやらSNSはそろそろ終わるよ。 フェイクな人が増えすぎたからね、と言っていることに加え、さらに、検索でもなく、ネイティブにユーザーと接する。広告形式がよいと。上のことをまとめると、

  • FacebookなどSNSは終了フラグ
  • 検索エンジン連動型だけでも物足りない
  • ではネイティブに広告を!

ということが言えると思います。

Native Awareness+

これは超よさげ。 MailchimpはまずEmailを収集しないといけないけれど、これはそれなしでいきなりポップアップしてくるわけですね。

ユーザーから見たら、興味のあるジャンルに関して、普通にいろいろ買い物ができるようになるわけです。

かといって、ユーザーは広告が好きではない

ユーザーが広告を好きでないのは、実際にどのように広告が配信されるかに原因があるのです。

オンライン体験を中断されますよね。

それよりももっとクリエイティブなブランド経験をユーザーにさせることが重要。

2022年にサードパーティのクッキーが使用できなくなる問題

2022年にサードパーティのCookieが使用できなくなります。 その解決方法を、どの広告媒体も模索中な今。 コンテンツ広告や行動ターゲティング広告が鍵を握るが、多くのブランドは自分たちのデータを多く持っているため、 将来的にはハイブリッドな固定化が予想される。

まとめ

2021年広告の傾向は大きくシフトしていく、 まず一つは、今までのクローズな広告 SNS内の人への方法があまり効果を生まなくなる。 そして、サードパーティーのクッキーは2022年に使用できなくなります、ですので、ファーストパーティーの情報をもっている企業は、自分たちの情報と広告をうまくミックスしながら、広告を打つことができる。 今、広告先で、一つの方法に頼りっきりな企業は、身動きが取れなくなるので、今から徐々にシフトしていきましょう!

-Webマーケティング 英語で

© 2021 Web集客の方法がわかる Wecona Powered by AFFINGER5