SEO対策 Webマーケティング(Web集客)

SEO対策とは

SEO対策とは

検索エンジン最適化(英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション) とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において 特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。
また、その手法の総称。 Wikiより抜粋

SEOとは?

SEO Search engine Optimization 検索エンジン最適化とは、 人がインターネットを見る際に使用する検索エンジン(Googleなど) に サイトを正しく見つけてもらい(文章を読んでもらい)、最適にインデックスしてもらうように、ホームページを構築・運用することです。

ここで、ホームページの構築・運用と書いたのは、ホームページが完成した後、運用をしていくこと自体がSEO対策だ。と言われているからです。

検索エンジンはたくさんあるの?

私たちが普段使用している 検索サイトは Yahooポータルサイトの中の検索窓Yahoo検索エンジンであったり、Windowsに標準でついているエッジを 開いたときにデフォルトで設定されている Bing、そしてGoogleの検索窓などがあります。 スマートフォンにも検索の窓はついています。 この検索エンジンのシェアはGoogleのほぼ独占状態のため、検索エンジン対策=(イコール)Googleのロボットへのアプローチという結果になる。

SEO対策って、特別なスキルなの?

いいえ。SEOは特別な何か資格が必要なわけでもなく、正しく、サイトを構築し、検索エンジンにサイト内容を読んでもらいやすくするための、おもてなしのようなものです。
いわば、
間違った方法でサイトが作られていたら、それを正常(スタンダード)に治して、人が必要とするサイトにする。。
普段の生活で例えると、家の玄関が散らかっている人の、家を掃除して整頓してあげることと同じような意味合いです。

SEO対策の第一歩は 正しくホームページを作ること

誰にどんなキーワードでたどり着いてほしいかを決める

ホームページ、どんな人に見に来てほしいですか?ターゲットを絞らず、ホームページの構造も行き当たりばったりで変わるようでは、SEO対策できません。

まずは、どのキーワードで、自分のサイトにたどり着いて、どんなことを解決してほしいか想像してから、ホームページの作成に入ります。

キーワードの選定

需要のあるキーワードを探す
需要のあるキーワードを探す
SEO対策で重要な二つ目のポイント、需要のあるキーワードを探すについて 需要のあるキーワードを探す作業は、未経験のWebデザイナーはスキップしてしまいます。 しかし、自分たちが訴求したいものと、ターゲ ...

続きを見る

SEO対策イコール Googleロボットへのラブコール

検索エンジンのシェアは現在 上記のようにGoogleのほぼ独占状態のため、検索エンジン対策=Googleのロボットへのアプローチという結果になる。 検索エンジンロボット(クローラー)はサーバー上にあるHtmlドキュメントを読むため、
365日24時間サーバー中を巡回してインデックスしています。
そして検索する人に適切な情報を表示するために、
検索したキーワードにとって、より質の高い情報のあるサイトを検索エンジンで上位表示させます。
SEO的にGoogleロボットに好きになってもらえる、正しいサイト内部の構造で、サイトのコンテンツの内容(文章量を適切にふやすこと)を高めていけば、着実にサイトへのアクセスは上がります。

では、どういうサイトがロボットは好きなの?

最新のマークアップで、正しい構造で作られた、読みやすいホームページが好き

人間の読みやすいサイトと、GOOGLE検索エンジンロボの読みやすいホームページは異なります。

 

最新のマークアップはW3Cという団体が、定義付けていたり、構造化データを設定したり、、、ちょっと複雑。

全部を網羅して、理解することは、難しいなぁと感じた人は、是非以下無料資料をダウンロードしてみてください。

S

SEO対策のチェックリスト無料資料

SEO対策の次のステップは、コンテンツを蓄積すること

コンテンツマーケティングについて

ホームページを正しく構築したら、次は、運用をして、コンテンツをコツコツと、蓄積していきます。
自社の専門性で、情報を発信できる、コンテンツマーケティングはSEO対策に最も有効な方法です。
まだ何も気が付いていない ニーズすらない、『無の』顧客を育成し、最終的にはファンになってもらうことをめざします。
ポイントは「価値あるコンテンツを作る」こと、「育てる」こと、そして「信頼性を高める」の3つです。

コンテンツマーケティングのStep

  • 価値あるコンテンツを作る
  • 育てる
  • 信頼性を高める

例えば、無の状態の潜在ユーザーに対し、オウンドメディアのコンテンツをとおして自社の存在を知ってしてもらい、
コツコツと、信頼関係を築いていくことが重要!

将来ユーザーになるかもしれない層(ターゲットペルソナ)へのアプローチと考えるとわかりやすいと思います。

 

コンテンツマーケティングのメリット


1. 広告宣伝費が少なく済む


コツコツコンテンツを書いていくことで蓄積効果があり、コンテンツマーケティングでは一回、作っておけば、そのコンテンツ自体の 価値が失われないかぎり集客をしつづけます。
コンテンツを書き進め増やせば増やすほどユーザーの訪問回数が増え、広告を考えた場合、日数がたつにつれ費用対効果が改善していきます。 やればやるほど費用対効果がが改善していくことは大きなメリットです。



2. 情報を自然な形で拡散してもらえる


2つめは、書いた記事を自然な形で拡散できることです。
検索エンジンなどを通して、自社の直接的な広告ではない形で、自社製品を発見してもらえるようになることです。


3. 専門家として信頼してもらえるようになる


3つめのメリットは、コンテンツマーケティングをしているホームページ・ブログなり、メルマガを通して、ユーザーとかかわりを持つたびに、そのジャンルの専門家として認識され、 信用されるようになっていくことです。


4. 世界を対象にできる



4つ目は、広い地域をターゲットにビジネスを展開できることです。
これまで海外進出は非常にハードルの高いものでしたが、コンテンツを英語、ドイツ語など人口の高い言語順に発信することで展開することでグローバルをターゲットにでき、
地域ごとのテストマーケティングも可能になります。
また私のように、フルリモートワークで、日本との取引を続けながら、海外移住も可能になります。

-SEO対策, Webマーケティング(Web集客)

© 2022 副業・起業したい人のための Web集客・マーケティング情報 Wecona Powered by AFFINGER5